オッケーサイン

マンスリーマンションの幅広い活用方法

女性

生活する住居は購入するか賃貸、旅行はホテルや旅館を利用という風に、2者択一的な発想がしみついている人はとても多いです。しかし、その両者として使えるとても活用の幅が広い物件、それがマンスリーマンションです。
マンスリーマンションは、月単位で借りられるフレキシビリティが最大のメリットですが、ショートステイ目的でしか利用できないというわけではありません。実際、6カ月を超える滞在の場合はディスカウント料金になるなど、長期滞在を前提としたオプションを提示している業者も多くあります。そのため、就職が決まって、とりあえずの住居としてマンスリーマンションに入居して1年程度暮らしても何ら問題はなく、また、取材旅行や出張で1か月以上どこかに居続ける必要がある場合、ホテルや旅館の代わりに使っても構わないのです。
特に、住居として使う場合は、通常の賃貸が敷金などで多額の支払いをしなければならない点を考慮に入れれば、非常に経済的で助かるという人も多いのではないでしょうか。また、ホテルステイ替わりに使ってみれば、宿泊施設とは違った便利さ、快適さを味わえることが分かるでしょう。滞在目的次第で必要な備品・設備の内容も変わってきますので、詳細は不動産業者へ相談して確認してみましょう。

ロングステイ体験に便利なマンスリーマンション

現在、仕事の関係で都市部で暮らしているものの、将来的に地方でのんびり暮らしたいと考えている人はかなり多いです。国内移住とは言え、都市部と地方の暮らし方は、かなりテンポが違うため、いきなり永住目的で引っ越しをするのは、少々リスキーかもしれません。何度かロングステイを体験して、お目当ての地方での生活がどのようなものか、少し経験してからの方が安心でしょう。そのようなロングステイの際に非常に便利なのが、マンスリーマンションです。
将来的な移住を視野に入れてのロングステイなら、1か月~数か月程度は滞在期間を取り、その土地での暮らしについてじっくり検討したいところです。マンスリーマンションであれば、月単位で希望の期間滞在することが出来ますし、家電・家具類も備え付けのものを使えるため、賃料と現地での生活費の他には、これと言って大きな買い物をする必要もありません。ロングステイの期間終了後も滞在期間を延長したい場合は、不動産業者へ相談して、どのような手続きを取ればいいか確認しましょう。
身一つで入居できて、必要な期間だけ利用できるフレキシブルで使い勝手がいいマンスリーマンション、是非こうした機会に活用してみてはいかがでしょう。

自宅で生活できない期間はマンスリーマンションで暮らそう

長年暮らした家も古くなり、リフォームが必要な場合は、その間、他の生活場所を確保する必要があります。あるいは、地震など自然災害の被害を受けて、自宅を修繕する必要がある場合も、それが終わるまでの間、生活の拠点となる場所が必要です。そんなとき、マンスリーマンションを活用するのがおすすめです。
マンスリーマンションは、リフォームや修繕が終わりまでの期間を見積もって、その間だけ借りることが出来ます。普通の賃貸を借りてしまうと、相場で言えば2年間の賃貸契約に拘束されてしまいます。マンスリーマンションなら、もっと短期間の契約が可能なので、臨時の住まいが必要な場合はとても使いやすいです。更に、生活を成り立たせるのに必要な家電や家具も、入居したその日から使えるように全て揃えてあります。リフォームが完了したら、或いは、無事に家が元の姿に戻ったら、使える家具家電類が自宅にあるのですから、仮住まいのためにわざわざ改めて購入したい人はいないでしょう。マンスリーマンションであれば、そうしたニーズにずばり応えてくれます。
リフォームや修繕が予定より早く終わる、或いは長引く場合もあるでしょう。そうした場合の契約手続きについては、早めに不動産業者へ相談するのを忘れないようにしましょう。

お知らせ

物件相談

機能的で使いやすいマンスリーマンション

家へのこだわり方は、個人差が大きいです。インテリアも建物の外観も、使う家具家電類まで、全てが自分の好みでなければと強いこだわりを持つ人…

more
計算機

マンスリーマンション入居契約の内容はよく確認しよう

家具家電付きで、入居して即日で普段通りの生活をスタートできるマンスリーマンションは、様々なシーンで活用できる極めて便利な物件です。入居…

more
札束

フレキシブルな活用方法が魅力のマンスリーマンション

特に使用目的を一つに決めず、会社として、マンスリーマンションをいくつか法人契約で確保しておくと、何かと使い勝手がよくて便利です。例えば…

more
虫眼鏡

個人も法人も便利に使えるマンスリーマンション

マンスリーマンションを使うメリットと言えば、通常の賃貸物件のように、2年間という長期の契約期間という拘束がなく、必要な時には、月単位で…

more